日本語

偏光維持フィルターカプラー

偏光維持タップカプラーは、高度な技術を使用して製造されており、入力信号を高い消光比と低い過剰損失でさまざまな比率に分割できます。
説明
説明
タップカプラ偏波保持は、入力信号が 高消光比と低過剰損失との種々の比として splitte d をできるようにするために高度な技術を用いて製造されます


仕様書
パラメータ 単位
中心波長 nm 1060、1310または1550
動作波長範囲 nm λc±40
ポートタイプ - 1×2 2×2
最大超過損失 dB 0.7 1.0
最大均一性(50%のみ) dB 0.5 0.7
タップ比(ポート2/4) 1±0.2、2±0.4、5±1.0、10、20および50
最小リターンロス dB 50 50
最小消光比(Bタイプ) dB 20 20
最小消光比(Fタイプ) dB 22 22
最大光パワー(連続波) mW 300
最大引張荷重 nm 5
動作温度 -5から+70
保存温度 -40から+85
ファイバータイプ - SMF-28、タップポート用のHI 1060またはPMパンダファイバー
入出力ポート用のPMパンダ繊維
* 上記の仕様は、コネクタのないデバイス用です。
* コネクタ付きデバイスの場合、 IL 0.3 dB高く、RL 5 dB低く 、ER 2 dB低くなり ます。
* PMファイバーとコネクタキーはスロー軸に揃えられています。また、Fタイプの場合、高速軸がブロックされます。


パッケージ寸法



注文情報
PMFC - ①① - - ③③ - - - - -

:波長
06から 1060 nmの
31-1310 nm
55-1550 nm
SS –指定

:設定
1-1×2
2-2×2

③③ :カップリング比
01-01/99 10-10/90
02-02 / 98 20-20 / 80
04-04 / 96 50-50 / 50
05-05/95 SS-指定

:コネクタタイプ
1-FC / UPC
2-FC / APC
3-SC / UPC
4-SC / APC
5 - LC / PC
6 -LC / APC
N –なし
S-指定

:ファイバージャケット
B-250μmパンダ繊維
L-900μmのルースチューブ(SMの場合は白、PMの場合は赤)
S-指定

:タップポートのファイバータイプ
M-SMF-28ファイバー
P-パンダ繊維
H - HI 1060
S-指定

:繊維の長さ
(繊維 公差:+/- 10cm)
0.85-0.85 m
1〜1.0 メートル
S-指定

:作業軸
F-高速軸がブロックされました
B-両軸作動



 

評論